kashakasha*photo日和

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今いる場所でなんて咲きたくないわ  

たんぽぽⅢ



今いる(置かれた)場所で咲きなさい


って言葉、どなたかの本に書いてあったような。。。

emoさんは、もう何年も何年も暗いトンネルを彷徨う生活を送ってきたから
どう「咲け」というのか興味があって

ちらっと内容を調べてみたんだけど



自分のいる場所や状況が、今の自分の居場所なんだって
そこで咲けない時は、無理に咲かなくていい 根を深く深く下へ下へと降ろす

「こんなはずじゃなかった」

と思うことがあっても、その状況で咲く努力をする


どうしても咲けないときは、根を降ろして張るんですって
次に咲く花の為に

いい出会いは、自分が苦労して出会いを育てなければならない

人生うまくいくばかりではないけれど、希望を持ち続けることが大切で

ていねいに生きる とは、自分に与えられた試練を感謝すること

なんですって



う~ん  綺麗事だわ




どんな苦境の中でも、その場所に根を張り花を咲かせるってこと?

冗談じゃない!この場所から早く抜け出したいのに!
悠長に花なんて咲くまで、この場所に根を張って、しがみ付く必要なんて
あるんだろうか?

いったいどこまで根を下に張ればいいのでしょう?

地球の裏側まで張っちゃう?

次の花が咲くまでの期間が、あまりにも長すぎて
根もなんも、裏側から飛び出しちゃっているわよ!


根を張るにも、土と水と光が必要なのよ!


次の花が咲くまで。。。なんて言ってられるのは、多少なりとも心に余裕の
ある人が言う言葉よね


何年も光も水もなかったら、根を張る力を失っちゃうでしょ






暗いトンネルの中で

光も当たらず 雨すら当たらない場所で どう咲けと言うのか
断崖絶壁の崖っぷちの岩に立たされて

どう根を張れというのか。。。


心の病の人に、頑張ればいつか花咲くからなどど言えるのだろうか。。。





進化を遂げる、強い生命力と順応力がない限り生き残れない

弱いものは絶滅し 強いものだけが生き残る


我慢して頑張って、また我慢して希望を持ち続ける
何とも酷な事を押し付ける言葉でしょう



そこまでしてその場所で咲く意味があるのか



置かれた状況は、人によりさまざまだけど


死を選ばざるおえないほど、追い詰められている人だって
世の中にはたっくさんいる

根すら 張れない場所に置かれている人たちだっているでしょう


そんな心底疲れ切っている人に、雨風吹いでも根を降ろし
次咲く花の為に、しのいで我慢しなさいって言うのは

綺麗な言葉を並べた戯れ言にすぎない

雨風はね 二日三日で過ぎるけど、その二日三日で状況が一変するなら
世の中皆幸せになっている


頑張って何とかなる世の中じゃない


現実は、一日一日を生きるのにも必死なのに

雨風しのいでる暇なんてないんだってばさ!と言いたい





今いる場所で咲く

言葉はすごく力強いけど 切羽詰まった人にしてみれば
そんな簡単なことではないのですよ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: ひとりごと

thread: ひとりごと - janre: ライフ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashakasha2014.blog.fc2.com/tb.php/373-9297ee08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。