kashakasha*photo日和

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

人の心より、頼りになるのはお金  

この前のNHK番組で

「みえない貧困」ってタイトルだったかな、子共の貧困問題をテーマにした
番組がやっていましたね


emoさんの幼少期も、貧困家庭でしから。。。すごく心に突き刺さるものがありました


家庭が貧困で、親が朝から晩まで 頑張っている姿を見て育つと
貧困に対する内情は、理解出来なくても


子供は、これ食べたい、これ欲しい、これやりたい って


何かを欲することを、知らず知らずに諦めちゃうというか。。。
親にそれを求めちゃダメなんだって

子供ながらに気を使うんですよね



お菓子買ってーーー!買ってよー! って、お菓子コーナーの陳列棚の前で
お母さんに駄々をこねている子供を見ると

幸せだね。。僕は  って微笑ましく横目で見ながら通り過ぎる事があります(苦笑)


親にあれして!これして!と言える家庭で育つって 幸せなことですよ



その番組に出ていた小学生の女の子は、学校からの帰宅後
働く母親に代わって、洗濯をし 一人で夕食を食べ 一人で宿題をして

寂しい。。。と漏らしていました


家計を助ける為に、バイトを掛け持ちして頑張っている、高校生の女の子もいましたね


母親に負担をかけたくないから。。。と 部活を諦める男の子



大学に進学して、英語の教師を目指したい女の子が

月12万円の奨学金と、入学金の78万円の書類を前に 「もう。。。嫌や。。。しんどい」と
顔を机に伏せるシーンもありました


どうしてバイトをしなかったのでしょう?ね
今は一昔とちがって、最低賃金(時給)も上がってますから
平日のバイトで50,000円は稼げるでしょう


3年間貯めたら

1,800,000円ですよ


入学金を支払っても、お釣りがきます

本当は、子供がお腹にいる時から 親が学資保険に入って
1,000円でも2,000円でもいいから、積み立ててあげていれば
進学の足しにはなったでしょう


お金の問題って、子共の力ではどうすることも出来ませんから

社会にも出ていない子供一人に、負担を全て背負わせるのは。。。

「しんどい」と泣きたくなるのも、当然かなと



emoさんの高校生活は、平日はバリバリとバイト
日曜日はバスを乗り継ぎして祖父の家の掃除をして
お金を稼ぐ日々だったなぁ

母には頼れなかったから 当たり前のように働いていたけど
全然苦に思ったことは、一度もなかったし

意地悪ババァがいたらすぐ辞めて、速攻で別のバイト見つけたし

あの頃は、何やっても楽しかったかも(^^)

そのお金は、学校へ通う定期券や 授業料以外の教材費 お昼代なんかで
ほとんど消えてなくなっちゃうから(^_^;)

大学へ行くことは、最初から考えもしていなかったし
奨学金なんて制度があることすら、知らなかった(^^ゞ


まぁ~行けるならデザイン系の専門学校か美術大学に行きたかったなぁ~





お金さえあれば

モラルのないボンクラでも、一国のリーダーにのし上るチャンスがある

と、コメントしているのを見ましたけど(笑) 本当にそうですね

だから、こんな世の中になってしまったのでしょうか



「同情するなら金をくれ!」って子役時代の 安達由美ちゃんのセリフが

笑える~って思ってたけど


まさに、人の心より頼りになるのは金ですよ(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

category: ひとりごと

thread: ひとりごと - janre: ライフ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashakasha2014.blog.fc2.com/tb.php/378-b18a4a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。